本日 1 人 - 昨日 9 人 - 累計 2167 人 サイトマップ
  1. HOME >
  2. 講 師 >
  3. レッスンへのこだわり

リトミックトレーナー Sasaの、モットーとこだわりです


*子供たちと接する上でのモットー: 根気強く、見守って、促します

*子供たちに身に着けて欲しいこと: 礼儀、自己コントロール力(バランス)、他人の中での自意識
                  (音楽のセンスはもちろんのことです絵文字


   幼稚園に入る頃には、子供たちは身の回りのことを随分とスムーズにできるようになりますね!
   それでも、まだまだ人生がスタートしたばかり絵文字
   お出かけ前や急いでいる時など、じれったくなってついつい
   「もう~早くしてーっ」「だからやってあげるって言ったじゃないの~っ」
   なんて言葉が口をついて出てしまうことがあるかもしれません絵文字

   リトミックのレッスンにおいても、ご挨拶をする、お返事をする、教材を選ぶ、
   言葉にリズムやメロディーを付けてみる、時間が来たらお絵かきを終わらせる、
   お道具を片付ける、靴を履く・・・などなど、様々な場面があります。
   
   限られた時間の中での、我慢や葛藤、人との関わりなどを覚える場でもありますが、
   同時に、たとえば引っ込み思案な子の一歩踏み出す勇気、自己主張が強い子の気づき・・・を
   信じ、促し、引き出す・・・そのために見守り、可能な限り待つことを心がけています。

   カリキュラムには必ず狙いがあります。
   その一つ一つのアプローチは、丁寧にじっくり行いますが、
   "音の表情"を感じながら形にする造形(お絵かきや工作)においては最小限のヒントに留め、
   子供たちの自由な発想を引き出すようにしています。

   ぜひ体験レッスンで、子供たちとの接し方もご覧いただき、ご判断のポイントになさってください絵文字